すっぽん小町の成分

"すっぽん小町は、すっぽんの粉末を主原料としてEPA含有精製魚油やグリセリン脂肪酸エステル、ミツロウなどの添加物が配合され、バリンやロイシン、イソロイシン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファン、ヒスチジン、スレオニン、リジンの必須アミノ酸全てとアルギニンやチロシン、アラニン、グリシン、プロリン、グルタミン酸、セリン、アスパラギン酸、シスチンの非必須アミノ酸にヒドロキシプロリンなどが豊富に含まれ、ナトリウムやリン、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル成分も豊富に含まれています。特に必須アミノ酸は、人間の生命活動を維持する為に必須とされながらも体内で生合成出来ない為、不足しない様に日々摂取する必要がある栄養素です。コラーゲンは、摂取したタンパク質をペプシンやトリプシンなどの消化酵素によって分解し得られたグリシンやプロリン、アラニンなどのアミノ酸を利用して生合成されますが、すっぽん小町は服用するだけでそれらのアミノ酸が得られるだけで無くコラーゲンに多く含まれているヒドロキシプロリンも含んでいる事から、コラーゲンの生合成が食物の摂取よりも効率良く行われています。バリンは、ロイシンやイソロイシンとともにBCAA分岐鎖アミノ酸と呼ばれ筋肉で消費される必須アミノ酸であり、肉類や魚類、プロセスチーズなどに多く含まれます。 バリンは、必須アミノ酸の中では比較的摂取不足に陥るケースが少ないのですが、過剰摂取は免疫機能や筋肉量の低下を招きます。メチオニンは、免疫細胞から分泌されるヒスタミンの血中濃度を抑制する効果が一般的に知られていますが、脂質代謝の促進やデトックス効果、肝機能の維持、発毛促進などの美容効果も高く、パルメザンチーズやサバ、鶏胸肉、シラスなどに多く含まれている必須アミノ酸です。フェニルアラニンは、ドーパミンやノルアドレナリン、アドレナリンなどの神経伝達物質に誘導され、食欲抑制効果に加え不安感や緊張感など精神環境の調整効果があり、不足時には無気力感や疲労感、睡眠過多などの症状が発症します。フェニルアラニンは、肉類や魚類、乳製品に多く含まれているので動物性タンパク質や植物性タンパク質をバランス良く摂取する事で不足する事の無い必須アミノ酸です。アスパラギン酸やアルギニンは、疲労物質と呼ばれるアンモニアを無毒のオルニチンと尿素に分解するオルニチン回路を活性化する効果があり、オルニチン回路が活性化する事により疲労回復と肝機能の向上効果があります。 "